とあるYouTuber編集担当の日記

YouTubeで活動を始めた編集担当です.動画制作に関する知識もほとんどない状態ではじめたのですが,活動の軌跡をせっかくなので綴っていこうとブログも解説してみました

【損?得?】YouTubeプレミアムはマジでオススメ!

【損?得?】YouTubeプレミアムはマジでオススメ!

はじめに.


最近,YouTubeの広告がどんどん増えていっているように感じます.
いろんな種類の広告が出てきた上に,しつこく止まるようになってしまいました.
特にターゲティングもされてなさそうな,
そういった興味のない広告を出されることがあまり好きではないので,
この度,YouTubeプレミアムの会員になりました.
これが,良かったかどうかというところに絞ってお話ししていきたいと思います.

YouTubeプレミアムとは


YouTube公式がはじめた,有料会員サービスです.広告を非表示にしたり,バックグラウンドでの再生を可能にしたりと,
手が届かなかった痒いところに手が届くようになるサービスです.

www.youtube.com


また,会員になるとYouTube Musicの権利も与えられるので,YouTube音源の楽曲を聴くことができるようになります.
基本的には,視聴者側へのサービスなので,配信者がこれで明確な得をすることは,ほぼありません.

広告の非表示化


YouTubeでは,AdSenseと紐づいているパートナーさんの動画を再生する際に,動画前や動画内で,5秒~15秒必須の広告を再生しなくてはなりません.これが,パートナーさんの収益になっているのですが,一視聴者としては割と鬱陶しく感じるところでありました.広告を見るというコストを支払って,コンテンツをタダで観れているので,文句は言えませんし見たい動画を作ってくださる方にお金を企業さんが払ってくれていると思うとありがたい限りではあるのですが,実際に広告を見ながらそんなことを思える余裕はないですよね(笑)
この有料サービスは,広告を完全に非表示にすることができます.企業が払ってる分を私が払うから,広告はいらないよ!ということでしょうか.実際に導入してみた感想は,『楽だ!』ということですね.YouTubeに限らず,動画のプラットフォームになっているサービスでは広告が表示されるのが当たり前でしたから,もはや違和感すら覚えます.
広告飛ばすぞー!というつもりで動画を再生し始めたら,いきなり,『やぁどうも!東海オンエアのてつやだ!』と言われるわけなんで,ちょっと身構えます.そんな気分も味わえますし,何より,時間の節約になると思いますね.

バックグラウンド再生


YouTubeができなかったこと,というよりも技術的には絶対にできるはずなのにさせてくれなかったのが背景再生です.
iPhoneで音楽を聴きながらブラウジングやその他諸々の作業ができるのですが,それがYouTubeコンテンツでもできるようになります.『パオー!パオパオチャンネルのぱ!@小豆と,お!ぶんけいです.よろしくお願いします,今日はあああああああああ!』を背景で聴きながら,instagramTwitterが触れるようになりました.後で述べるように,音楽の場合は別のサービスが用意されているのですが,全てのYouTubeコンテンツで導入されたのは大きいです.
バックグラウンド再生時の通信量についても,調べてくださっている方がいらっしゃったので引用しておきます.

hitoxu.com


これも落とし穴があって,いつも通りアプリを切り替えると再生が終わるもんだと思っていたら自動的にバックグラウンド再生に入ってしまうというビックリがあります.慣れるまでは気をつけないといけないですね.

動画の一時保存


これも非常に大きいサービスです.決してこれまでは認められなかったことで,サードパーティのアプリを使って実現していた人が結構いると思うのですが,Wi-Fi環境で動画を一時的にローカルにダウンロードして,通信を気にせず移動中に見れるようになります.電車やバスの中で動画を見る方にとっては,通信量(ギガ)の節約になるので,非常に優秀ではないでしょうか,今まで私は電車の中では,240pという低画質で動画を見ることで通信量の節約をしていたのですが,720pでみても問題ないのはありがたい限りです.

YouTube Originals


度々広告として表示されていましたが,YouTubeが会員限定の動画を公開しています.Premium会員のみが見ることができる動画を見ることができるようになっており,『隙間男』などの限定ドラマ(映画)が公開されています.これらへ現時点で他のどんなサービスでも見ることはできませんが,私自身まだ見ていないので,『見れるようになったー!』という報告だけにさせてもらいます.

 

YouTube Musicに同時入会


プレミアムに登録すると,自動的にMusic会員になれます.別アプリのYouTube Musicというものをインストールすることで,米津玄師『Lemon』やWANIMA『シグナル』などなど,Apple MusicやPrime Musicに入っていないような音楽を無料で聴くことができるようになります.最近のアーティストはPVを公式YouTubeアカウントで配信していますが,その配信されたものをバックグラウンドで音楽のみを再生することができるようになるわけです.この分野は先行しているサービスが多いのですが,PVに特化しているというのは,YouTubeの圧倒的な強みなのかもしれません.動画を再生せずに,音楽だけを聴くというモードにすることができるので,こちらもほとんど通信量に影響なく音楽を聴くことができるようになります.

料金について


AppStoreから入手するか,パソコンを経由してYouTube公式で入会するかで料金が違うそうです.前者はAppleに仲介のマージンが入るようなので,お得に楽しみたい方は是非パソコンでYouTubeの公式から入会してみてください.楽がしたい方は,Apple Storeから入手するのもいいかもしれませんが.
ちなみに,入会したというデータはアカウントに紐づけられるので,全て私の所有物ではありますが,複数端末(iPhone2台とMacBookProとWindows端末)にアカウントを反映させても全てプレミアム会員として再生することができています.(今後,同時にログインできなくなるかもしれませんが...)
さて,肝心な料金ですが,

f:id:brian_tee:20190218124818p:plain

App Storeでの料金



AppStoreで見ると,こんな感じになっています.
YouTube Redというのも同じサービスのことです.海外でこのサービスのことをこう呼んでいるそうです.そして,iPhoneのアプリから確認すると,

f:id:brian_tee:20190218124937p:plain

YouTubeアプリでの料金

ということなので,月額で1550円もかかりますね.

パソコンから確認すると,

f:id:brian_tee:20190218125230p:plain

Chromeで見たYouTubeサイトでの料金

となっています.
ということで,公式で入会すると,税込1180円/月で加入できます.気をつけてください.

Creatorにとっての魅力


これはほぼありません.Analyticsは元々フリーで全て公開されていますし,これに登録したから検索順位が上がるということもないです,強いていうならば,パートナープログラムとして,今まで広告ベースの収入だけであったところから,Premiumの会費もCreatorに配分されるということでしょう.これですらも,パートナーに登録されていることが必要条件なので弱小たる私には関係ないところです.

おわりに.


今回は,YouTubeプレミアムについて書いてきました.個人的には,入会して時間とストレスを節約できるようになったと感じています.そこに,毎月1180円支払う価値があるかどうかは,みなさんでお考えいただきたいところですが,バイト1時間程度で入会できるというのは魅力なのではないでしょうか.
これまではCreatorのお話でしかなかったのですが,今回は少し視聴者側のサービスについて実体験を下にお話ししました.
迷っていらっしゃる方々の参考になれば幸いです.

それでは,次回の記事でお会いしましょう.

 

 

****

過去記事

 

brian-tee.hateblo.jp

 

 

brian-tee.hateblo.jp